忍者ブログ
comeback…原恵一
あと数日てとこで間に合った!
ふう…。



わさドラ版映画第三弾・公開記念。
てんコミ20巻「超大作特撮映画 宇宙大魔神」より、作中の自主制作映画「宇宙大魔神」をポスター仕立てにしてみた。うーん、バカっぽい…いや、てゆーか。

俺はこーゆうのが描きたくてブログ作ったんだよ! ←本音
この話はむしろ、大人げ無さすぎるドラとか、巧く乗せられて悪役やらされてるジャイアンとかがさりげなく見ものだと思う。
…ところで帽子の彼はとりあえず安雄って解釈したけど、もうひとりのポッチャリーは、はる夫じゃないよなぁ…多分(註:安雄とはる夫・原作後期になってやっと名前が発覚したモブキャラで、のび太の同級生。帽子が安雄、ポッチャリーがはる夫)。
外見で判断すれば22巻「税金鳥」の金尾ためるだと思うけど…ま、直接名指しされたシーンがあるわけじゃないから、彼が金尾という名前なのかどうかすら判断しかねるけど。
あと安雄が田中って名字なのは苦肉の策でWikiから拝借…はー。

結論言っちゃうと、F先生もあんまり深く考えないで描いたんだろう。所詮モブキャラだしな。


そうだ、映画の話に戻ろう。
第三弾は「緑の巨人伝」。
現行スタッフでの初オリジナル作品でもある。とは言っても元ネタは「さらばキー坊」と「森は生きている」らしい。
原作のエピソードを下敷きにした作品は他に、大山ドラ期の「南海」「風使い」「ワンニャン」なんかがある。
今まではリメイクだったからともかく、オリジナル脚本という所で期待と不安半々。
藤本先生没後の脚本はダメとは言わないがイマイチな印象があるし…大山ドラ末期は特に、作画もどうにかなっちゃった感じがあって(映画はマシな方か…)なんともはや。
わさドラ映画の前二作に関しては、改変部分含めて概ね好印象ではあったけど、過剰な「泣き」の演出がいらない所にまで挿入されていたのが鼻を付いた。今回も、一番気になるのはここだ。
「のび恐2006」ラストの絶叫シーンだけは演出も大原さん(のび太役)の演技も好きなんだけどなぁ。

声優といえば、本業をさしおいてメインゲストに声アテ経験が少ない俳優を使うというのもどうも…。否定はしないし、巧い役者さんもいるからいいんだけど、せめて脇役だけにしてくれよ、とは思う。
…今回も俳優起用してるけど。

話が逸れた。
まあでも基本的には応援してるから、良い作品であってくれと祈っているよ。



あと、未だに絵がどうとか声優がどうとか言っている人は、日本テレビ版のドラを観ればいいと思うよ。富田耕生氏のオッサンドラが楽しめるよ!

つーかむしろオイラが観たいわ。旧ドラをちゃんとさ…。
…本気でNU会員になるの考えようかな…。
PR

2008/03/06 00:48 | Comments(4) | TrackBack(0) | ドラ・藤子系

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

浅目さんで見ました。
パロディ系でこんなに笑ったの久しぶりですwwww
posted by NONAME at 2008/03/10 04:09 [ コメントを修正する ]
一文字目が「ウ」と「千」を縦に重ねた字に見える
posted by 緑茶 at 2008/03/10 08:55 [ コメントを修正する ]
この映画すごく見たいです・・・!(笑
でも最後まで見てたらジャイアンに殴られるんでしょうね。
posted by てんち at 2008/03/11 01:45 [ コメントを修正する ]
皆様コメントありがとうございます。

>NONAME様
いらっしゃいませ。真面目にバカ絵を描いたつもりなので、絵を見て楽しんでいただけたなら何よりですw

>緑茶様
ご指摘の通り、そう見えますね…。
…実はロゴの作成時に気付いていたのですが、やっぱり原作のロゴ優先だろうと思って、形はそのままにしてあります。

>てんち様
殴られるどころか、多分殺されるでしょう(;^ ^)
本人がそう言ってましたから。
posted by ペコ/管理人 at 2008/03/14 00:05 [ コメントを修正する ]

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<でんぱ出しときゃ良かったな〜 | HOME | 「チュ〜リッヒヒヒヒぃ〜☆」>>
忍者ブログ[PR]