忍者ブログ
「正義の味方だして」「アホか」
よーしパパタイバニ描いちゃうぞー。



というわけでF風味の虎徹・バーナビー。足の長さだけ見栄を張って長くしてあります。まぁ稀に出てくるイケメン風のキャラはけっこう足長かったりするんで許容範囲かと。体格は桂正和氏のキャラデザを参考に、虎徹の方が若干ガタイいいです。
でも背景はいじくりすぎてF風関係なくなくなっちゃったなぁ。う〜ん、まあいいか。

そういやTENGA(良い子は検索しないように)の広報だったかがタイアップして欲しいとか呟いたらたちまちタイバニのファンにネタにされてましたね。
元々ネタだらけの企業だけど……。


で、あとひとつ。



バーナビーのファンに喧嘩売ってるわけじゃないよ!! のびドラどっちがクールキャラなのか考えたら必然的にこうなっちゃったんだい。
ちなみにてんコミのパロですが、右下の著者名が抜けてるのはワザとです。

ドラえもんの作中でもヒーローの話は結構扱われてますけど、のび太の夢見がちな性格に対して、ドラはこういった物には徹底したリアリストなんですよね。
「正義のみかたセルフ仮面」なんかは、

「よくあんなものにむちゅうになれるな。」

「いいとしして単純というか何というか……。」

「ある意味ではしあわせな人だ。」

「あらわし仮面」ってヒーロー番組に大興奮してるのび太を尻目に白け顔で3コマも使ってこのセリフ。おまけに見終わったのび太が満足げに「さいごには正しい者が勝つのだなあ」と呟いても、もはや背を向けて無視。
いくらこの話が「小学六年生」初出だからって、ここまで言うか? 特に最後の一言が辛辣すぎるよ藤本先生。あと似たような話で特オタの心を鋭く抉る「宇宙ターザン」とか。
そのくせ「宇宙大魔神」の時は撮影道具をダシに自分が主役のヒーロー(ウラドラマン)やってるんだよな……。

というわけで悪気はないんだゴメンねウサちゃん!!
PR

2011/04/28 20:49 | Comments(0) | TrackBack(0) | ドラ・藤子系

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<000・32話「新グリードと空白と無敵のコンボ」 | HOME | 000・31話「恩返しとたくらみと紫のメダル」>>
忍者ブログ[PR]