忍者ブログ
負けるかああぁぁぁ
ヴァイオリンの弦が切れても弾き続けるってどっかで見たなーと思ったら、先週のゴルゴ13だ。

キバ18話。
米村氏の名護はヤバいオーラがでてるなぁ…中の人ご苦労様です。ボタン毟りたければあれだ、お裁縫道具でも携帯なさいよ。
逆にオトヤンのコントは、脚本家によって微妙に違うニュアンスでも意外に面白い。なんだこの差は。
それにしても相変わらず分からないのは「素晴らしき青空の会」の規模。警察上層部にもメンバーがいるってのなら、今回の名護やんの暴挙は、その人らにどう見えたのかしら。

で、さすがに今回はおばさん死ななかった。
にしてもアーチェリーおばさん、一般人で「空飛ぶ牙」をかわしたうえ、ファンガイアに攻撃したのは貴女が初めてですよね。ヒトデの頭にメチャクチャ刺さっとるー!
渡の立ち直りに関してはまあ、こんなとこかなと。オーソドックスな感じで良かった反面、ちょっと唐突な感じが…何だろ。

あ、今回お披露目があった「キバ版てんこ盛り」ことドガバキフォームで、気になった公式のスペック設定が。

「5分が限界。超えると全員の命の危険が危ない」

高いカップメン程度の時間制限がある!
ちょ、キバット、風邪なのにこんな負担のかかるフォーム制御出来んのか?
…ああ、火力を抑えて戦闘が長引くよりも、出血大サービスで瞬殺したほうがいいって判断したんですね。ってホントかよ!!


次回予告観てたら、何かフリーザ様の声がしたんですが……普通に考えて、ファンガイア体のみ、だよねぇ。
それより、襟立やルークが再登場?
ここからが、少しずつ伏線などを絡めた本番らしいです。



―その他いろいろ感想―

「劇場版カブト」のチラリズムサソードと、ドレイクのやられ方に俺が泣いた。影山なんて…。でも、コーカサスの中の人が次郎さんってのを初めて一発で見破れたからもういいや。

「イマジンあにめ」は白倉Pが色々ぶっちゃけてたのが凄いと思った。SHT…いや、「モモなつ」のノリだなぁ。ご臨終ネタなんて久しぶりに見たぞ。
でもね…やっぱり実写がいいんだ、オイラ。ショートコント集みたいな。
あとオーナー呼んでー。主役と義兄呼んでー。とどのつまり全員呼んでー。

↓アレを主役と義兄が鑑賞してみたマンガ。



まあ、デネブはオカンだからしょうがないとして(え)、むしろこの事を気にしたのは良太郎本人よか、全国の良太郎ファンじゃないかと言ってみる。
PR

2008/05/28 00:20 | Comments(0) | TrackBack(0) | 平成ライダー一期・他

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<で〜んでんむーしむし お化け太郎〜 | HOME | 「便所に流すぞ!!」>>
忍者ブログ[PR]